第10章 Motif を必要とする port

コンパイルに Motif ライブラリを必要とするアプリケーションがいくつかあります (Motif 自体は有料のものがいくつかの会社から手に入りますし、 x11-toolkits/lesstif には多くのアプリケーションを動作させることが可能な無料の互換ライブラリもあります)。 Motif は広く使われているツールキットですし、 有料のもののライセンスでもライブラリを静的にリンクした実行形式の再配布が認められている場合が多いので、 Motif を必要とするソフトウェアを簡単に (port からコンパイルする人々のために) 動的にでも、 (package を配布する人々のために) 静的にでもリンクできるような仕組みが用意されています。

10.1. USE_MOTIF

Motif が無いとコンパイルできない port の Makefile では、この変数を指定してください。 これにより、Motif を持っていない人がこの port をコンパイルしようとするのを未然に防ぎます。

10.2. MOTIFLIB

この変数は bsd.port.mk によって適当な Motif ライブラリの指定に置き換えられます。Port のソースの MakefileImakefile で Motif ライブラリを参照しているところを、 この変数を参照するようにパッチを適用してください。

代表的な例としては以下の二つがあげられます:

  1. Makefile か Imakefile の中で Motif ライブラリが -lXm として使われている場合には、 かわりに MOTIFLIB と書いてください。

  2. Imakefile の中で XmClientLibs が使われている場合には、それを ${MOTIFLIB} ${XTOOLLIB} ${XLIB} と書きかえてください。

なお MOTIFLIB は通常、 -L/usr/X11R6/lib -lXm/usr/X11R6/lib/libXm.a に置き換えられます。 したがって前に -L-l をつける必要はありません。


最終更新日: 2021年12月11日 by Sergio Carlavilla Delgado